GUIDE

診療案内

ABOUT

はり治療について

東洋医学の視点からの、治療へのアプローチ。
経穴(ツボ)に鍼を刺し気の流れを整えることで自然治癒力を高め、全身状態を改善する療法です。
また、経穴を刺激することでその周囲の筋肉や神経に働きかけるため、体を柔軟にしたり痛みを軽減します。

EFFECT

効果

骨関節疾患(股関節形成不全や膝蓋骨脱臼症など)における痛みの軽減
神経疾患(椎間板ヘルニアなど)による麻痺の改善、また手術後のリハビリ
スポーツドッグなど筋肉を酷使している子の怪我予防
下痢などの消化器症状の改善
ページの最後に、「WHOが鍼灸療法を適応とした疾患」をまとめています。
こちらは人での報告になりますが、このようにさまざまな状態に適応しますので、
その他の症状についてはご相談ください。

TIME

時間・回数・期間

初   回:カウンセリング含め1時間程度
2回目以降:30~40分程度
同じ個体でも別の症状の場合は新たにカウンセリングの時間がかかります。
回数・期間:初めのうちは1~2週間に1回、2ヶ月程度の継続をお勧めします。

FEE

費用

費   用:5,000円(カウンセリング料、カルテ作成料込み)
2回目以降:4,000円(別の症状でもカウンセリング料込みになります。)

OTHERS

その他

・施術前後の飲食は控えてください。(出来れば2時間程度)
・代謝が良くなるため、施術直後は排泄が多くなることがあります。
・動物の状態によって施術をお断りすることがあります。(重い内蔵疾患など)
・効果には個体差があります。
・一般的に、活発な性格の子は効果が出やすく、おっとりした性格や臆病な子は
反応が遅いと言われています。(東洋医学の「五行説」分類より)
『WHO(世界保健機関)において鍼灸療法の適応とされた疾患』
(*人での報告です。犬猫では、その病態や病名がないものもあります。)
神経系疾患: 神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
運動器系疾患:関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
循環器系疾患:心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系疾患:気管支炎・喘息・風邪および予防
消化器系疾患:胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
代謝内分泌系疾患:バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
生殖、泌尿器系疾患;膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
婦人科系疾患:更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
鼻咽喉科系疾患;中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
眼科系疾患:眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
小児科疾患:小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善
院内トリミングに対応しています!
トリミングサロン
犬・猫食事療法のお店
スタッフ募集中
アニコムペット保険対応動物病院
アイペットペット保険対応動物病院
近隣の駐車場案内
友だち追加